借りたお金が返せない・・・

借りたお金が返せない・・・

再起動してしまうスマホ

去年の冬に新しいスマホにチェンジしたのです。ラインナップの上位にある良い機種だったので非常に満足度高かったのです。ですが、今年になり気温が高くなってくると、熱暴走で再起動をする頻度が高くなってきました。

 

メーカーに問い合わせると「安全対策のための仕様」とのことで、騙されたような気分なのです。2年間も買い換えできないのは辛いので、現金一括払いで別のメーカーの機種を買おうかと思ったのですが、購入するためのお金が足りないのです。
プロミス、借り方のコツ - 本人確認の方法

 

次の給料日に買う事もできましたが、来月は友人達と一泊の旅行に行く予定なので、やはりお金が足りないのです。最近は、ちょっとした出費が連続していたので、そろそろお金の使い方を自粛しようかと思っていた矢先のスマホのトラブルでした。

上限額を低レベルに

一般的に、クレジットカードの上限額がご自身が通常使う以上より多く設定していると所有者は余裕だと誤解して、必要よりもカードで払ってしまったりするものですね。

 

こうしたクレカ使用の危険を軽減する意味でも上限額を安全のため低レベルに申し込んでおこう・・・という意見がこれから見る本文の主旨です。

 

カードの限度額を下げる方法 使っているカードの上限額の引き下げことはカードの限度額を多めに設定することと大差なく、本当に簡単です。

 

クレジットカードのバックに載っている番号にかけて「カードの限度額を引き下げていただけませんか」と希望をセンターの人にはお願いするだけです。
だいたいは現在の月ごとの限度額と比較して低ければ、込み入った審査もなく設定が完了します。
月の限度額をセーブしておくのはお金を守ることとも結びついているカードの限度額引き下げは節約というような効果は言うまでもなく防犯対策とも関連があります。

 

仮に、財布の中のカードが紛失等により乱用されるとしても前もって持っているカードの月の利用限度額を低く設定しているならリスクを最小限にするようにできるからなのです。

 

覚えておいてほしいのはクレカが偽造されるようなことになった問題が発生してもクレカの利用者に意図的と言えるような問題がない限り盗難保険として知られているものが利用者を助けてくれるし心配することではないのですがもしもの時のことを念頭に置いて必要以上の月ごとの限度額はセーブしておいたら万全でしょう。
必要のない上限額は良いとは言えないことと言えます。

キャッシング返済が難しくなった場合は

返済できるつもりでいたのにどうしても返済できなくなった場合、そのまま放置せずにすぐに借入した会社に相談
しましょう。場合によっては金利の低い会社に借り換えたり、月々の返済額を減らすことだってできます。最悪
利息分さえ払えばOKと貸した側は言うと思うので、毎月ともなると無理ですが、急場しのぎとおもって金利だけ
でも払うということを伝えましょう。返す姿勢はあるというのが一番大切ですので、誠意が見える姿勢をもって
キャッシング会社と付き合っていきましょう。一番やっていけないのはキャッシングの返済ができないから、違う
キャッシング会社に申し込んで、借入金をまわしていくということ、これは絶対アウトです。精神が崩壊しかねません。
間違っても生活を早く楽にしようと闇金融などにてをださないように考えて借入をしていきましょう。

友人が困っていたのです

大好きな友人がとても困っていました。それはお金がなくなったのです。あったはずのお金が、朝起きたらなかったのですだから慌てて私に電話をしてきました。今日食べるごはんもないのです。今日買おうと思ったバッグも買えないというのです。だから私は一緒にファミレスへ行って、ごはんをおごってあげました。そしてデパートへ行って、友人が欲しかったバッグを買ってあげたのです。
こんなにもお金がなくて困っている友人を、私は見てはいられません。なんとかしてあげたくなったのです。そんな時に、せっかく私に連絡をくれて私を呼んでくれたのです。私を頼りにしてくれたのです。だったらなんとかしてあげないといけません。大好きな友人だからです。
モビット : 借り方のコツ - 本人確認の方法
オリックス銀行カードローン : 借り方のコツ / 本人確認の方法

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ